大学合格への近道は武田塾

例えば、環境の整っている自習室や、映像を使ったライブ授業、充実した資料が保管されている資料室など、大手だからこそ出来る学びやすさが挙げられます。まず大手と呼ばれるような有名な予備校に通うメリットについてですが、一つにネットワークが非常に充実しているという点が挙げられます。

 

その反面で、壮大受講費用をネックに感じるケースも確かにあるかと思いますが、大事な大学受験を控えているタイミングなのですから、そのような環境への投資をするのは断然無駄な行為とは言えません。小規模の予備校でしたら、不安な部分などが発生した場合、担当スタッフへ気軽に質問することが出来るのですが、一度にたくさんの生徒へ講義を行っている大規模クラス、そしてライブ授業ともなりますと、そのような柔軟性にどうも欠けてしまいます。

 

また、システムが充実しているのも大手の特色と言えます。予備校というのは、日本全国に多数存在しており、規模の違いや学力の違いが存在しているのも、また事実となります。

 

また、先述した通り費用が沖雲という面や、ライバルが大勢存在することによるプレッシャーもそのデメリットになるかもしれません。各難関、名門大学などとも繋がりを持っているケースも多くありますので、様々なリサーチがリアルタイムに実現出来るケースが全然少なくありません。

 

とは言いましても、規模が大きくてネームバリューがある予備校だからと言って、決まってそうとは何より予備校というワケではありません。デメリットとしましては、講師一人に対して生徒が多く付くという点が挙げられます。

 

各予備校には特色や得意分野などが存在していますので、そのような面に着目して自分にピッタリの予備校を選ぶと格好かもしれません。