大学合格への近道は武田塾

近年になって非常に耳にする機会が増えた「個別指導」という言葉ですが、これは主に学習塾や大学受験予備校における学習形態のことを指しています。実際、どのような授業形式が個別指導といわれているのか、いくつか紹介していきましょう。

 

きちんと「個人指導」の内容を事前に確認しておきくべきですし、そもそも個人指導が全ての人に有効かどんなふうにかは別問題です。個別ブースでテキストを利用して勉強しつつ、わからない箇所は巡回している講師が解答してあげる、という形式です。

 

一見放任しているように思えますが、これはこれで各自が自発的に勉強する力を成長させることができますから、勉強はひとりで黙々とやりたい方には向いています。学校によっては「個人指導」や「個人授業」と言った言われ方もしますが、中学や高校のように黒板を前にして数十人が同じ内容の授業を聞く「一斉指導」の反対の意味で使われることが一杯ようです。

 

しかし、ひとえに個別指導といってもその形態はさまざまで、要はカリキュラムに「マンツーマンで指導をする時間」が含まれていれば「個人指導」を名乗れるという風潮になっていることも否めません。中には、一方的に入ってくる情報を自己分析し、必要なものと必要でないものを切り分けて学ぶ方が効率がいい方もいるのです。

 

確かにマンツーマンでの指導は有効ですが、その言葉だけで釣られて予備校を選んでしまうことは避けましょう。まず、個別のブースを設けて、基本的には自習をすることで学ぶタイプがあります。